カタログPDF カタログPDF 図面PDF

無線を利用して機械を遠隔操作する操作装置

ダイワテレコンは建設機械・輸送機械・設備機械装置を無線によって遠隔操作する無線操作装置です。
開発目的はコンクリートポンプ車を省力化する装置の無線操作機器として開発しました。
開発当初はコンクリートポンプ車での需要が多く、専用無線機のように扱われていましたが、汎用設計の採用により、現在ではあらゆる機械装置の無線操作装置として広く採用されています。
電波法の改正や、新技術の開発によって機能向上、多用途化となり、機種もシリーズ化しています。又、比例制御操作により微妙な動作が可能であり、個別アドレスにより複数台数による同時操作でも支障無く操作が可能です。 色々な仕様においても満足していただける商品になっています。


特徴

インバータや油空圧電磁比例アンプに対応したアナログ出力
記憶したい制御量(アナログ値)を3点のボタンに記憶でき、いつでも呼び出しできます。
また、呼び出した制御量を微調整することもできる為、高度な制御が可能。
呼び出されている制御量が3点のボタンのどれなのかをLEDの点滅で認識できます。
UP/DOWN調整速度は、ボタンの押し時間で変化する為、制御量の調整が素早くできます。
通常の接点出力及びラッチ出力も備えている為、インバータ制御や油圧制御に最適です。

用途

インバータ制御、油空圧比例制御、エンジン制御など

一般仕様

指令機型式 710T 指令機質量 約170g(乾電池含まず)
受令機型式 RD0800R 指令機電源 単三型乾電池×2本(※2)
操作点数 10点 使用時間 約17時間(※3)
操作方式 押しボタン式 受令機質量 約3.5kg(※4)
送信周波数 429MHz帯域 受令機電源 AC200V、AC100V、
DC24V±10% 選択
チャンネル 40ch自動選択 受令機出力 リレー出力、アナログ0−10V出力
送信出力 特定小電力10mW 充電器・ニッケル水素乾電池 オプション
参考通信距離 100〜500m(※1)
使用温度環境 −10〜60℃
(結露無きこと)
※1 通信距離は、使用環境により異なります。
※2 充電式ニッケル水素乾電池またはDC1.5Vの単三型乾電池をご使用下さい。
※3 使用時間は当社規定のテスト結果であり、状況により変化致します。
※4 特殊仕様の場合、質量が変わります。
※5 仕様は改良等により変更する場合があります。



特徴

小型・軽量化した指令機(送信機)に
特定小電力10mwの高出力を実現
指令機では操作スイッチ不良及び電源電圧の低下モニターにより、安全・確実で無駄のない操作が可能

用途

小型クレーン、セメントミルクプラント、
各種ウインチ、コンベヤ設備、建設機械




特徴

シンプルデザインと操作性を
重視した設計
40波ランダム自動選局によって電波が入り組んでいる場合でも混信無く使用出来ます
自動選局も全スキャンタイム3秒以下(1波送信時)で行い、高速選局が可能
指令機の電源電池容量が大きく10時間以上の連続使用が可能
受令機の制御出力リレー容量が大きく、ダイレクト制御が可能
充電器は急速充電方式の採用により、充電時間を大幅に短縮
大韓民国の電波法に適合した517K、522Kの機種もご用意しています

用途

コンクリートポンプ車、走行クレーン、
簡易モルタルプラント、杭打ち機、
シールドマシン



特徴

指令機の操作パネル面盤をお客様の仕様にあわせた柔軟設計が可能
40波ランダム自動選局によって電波が入り組んでいる場合でも混信無く使用出来ます
自動選局も全スキャンタイム3秒以下(1波送信時)で行い、高速選局が可能
受令機の制御出力方式は、オープンコレクター出力(標準出力)、リレー出力、電圧出力(比例制御用)の3種類があります。又、油圧の方向制御バルブへの直接出力できるタイプもあります
充電器は急速充電方式の採用により、充電時間を大幅に短縮


■機能一覧




無線遠隔技術の提供

 OEM商品、特殊仕様による無線化技術の相談(お客様個別の困りごと)をお受けしています。無線機に関する特殊仕様の一例として受令機からの出力を制御機器の仕様にあわせて、電圧出力、電流出力、IC出力、そして油圧バルブ出力などの対応をしています。
 又、無線操作装置部分だけでなく遠隔操作する機械装置への設置及び、それによって発生する機械装置の改造工事、安全対策など一括したサービスを御提供致します。




機械装置の無線化手順の一例(油圧ショベルの無線化)

改造目的
油圧ショベルの運転席での操作では、掘削した材料の投入位置が目視できない為、無線操作する運転台を投入口より高い位置に設け、材料の掘削状態及び投入状態を確認できる位置で 操作できるように無線化したものです。

改造手順
(1)無線化改造前の調査
無線機の設置にあたり改造前の現物を調査し、無線機の取付場所、アクチュエータを作動させる制御装置の改造箇所を確認します。
(2)アクチュエータ制御回路の改造
主油圧回路を切り換えるコントロールバルブの油圧制御回路を電気信号で作動する電磁バルブに置き換え、無線信号で油圧制御をできるように改造します。

(3)無線操作装置の設置
振動対策などを考慮して無線機を設置します。続いて無線機への電源、入力、出力回路の配線を実施します。
(4)外装の改造
遠隔操作の表示、無線機のカバー設置、油圧バルブのカバーの取付など、無線化改造によって変化する外装を整えます。

(5)納入・試運転及び引き渡し
お客様の希望される場所へ設置し、実作業での試運転を実施します。ご希望通りの動作を確認して頂き引き渡しを完了します。




ダイワテレコン応用例

コンクリートポンプ車
岩盤切削機
薬液注入制御
コンクリートポンプ車 岩盤切削機 薬液注入制御
トピートカー
クローラダンプ
薬液注入制御
トピートカー クローラダンプ クローラフォーク
コンクリートフィニッシャ
サイドカッタ(岩盤切削機)
シップローダ
コンクリートフィニッシャ サイドカッタ(岩盤切削機) シップローダ
棚落とし機
特殊用途油圧ショベル
連続壁工法機
棚落とし機 特殊用途油圧ショベル 連続壁工法機
ベルトコンベヤ設備
電動ウインチ
天井クレーン
ベルトコンベヤ設備 電動ウインチ 天井クレーン