環境方針

 当社は、水処理設備、油圧・空圧設備、砂利・破砕設備、電源装置の据付・修理の事業活動が地球環境に密接に関わりあっていることを認識し、環境負荷の少ない持続的な発展が可能な社会の実現に貢献することを目指します。
 又、「かけがえのない地球環境を健全な状態で次世代に引き継いでいくことは、今を生きる人間の基本的責務」との認識に立って、豊かな環境の実現を目指して地域の皆様とともに歩むことを基本理念とします。
基本方針

1. 事業活動としての据付・修理の環境影響評価を実施し、その結果に基づき環境目的及び環境目標を設定し、環境マメジメントシステムの継続的な改善と、汚染の予防を図り環境保全につとめます。
2. 環境への配慮の視野を持ち、省エネルギー、省資源の事業活動に努めます。
また、廃棄物の発生抑制(リデュース)、再利用(リユース)、再生使用(リサイクル)の3Rを推進し循環型社会づくりに努めます。
3. 環境保全に関する法令・条例及び当社が同意した要求事項を順守すると供に、可能な場合は自主基準を設定して環境保全のレベル向上に努めます。
4. 環境保全に対する社員の教育・研修を計画的に行い、マネジメントシステムにより実施し、維持する。
5. 全従業員が勧業問題に対する意識を深め、具体的な行動を行っていくために、啓蒙活動を推進するとともに、当社の施設で作業する下請業者を含めた全従業員に周知する。
6. 環境方針はインターネットのホームページ
(http://www.daiwakiko.co.jp)で社内外に公表するほか、要求に応じて紙面で提供する。
2007年4月2日
大和機工株式会社
代表取締役社長 坂井 修